Nexus7(2013年モデル) 無料キャンペーン × WiMAX / レビュー

Nexus7 2013年モデルのレビュー・評価 – Nexus 7 2013はバッテリーの交換ができないため消耗品であることに変わりないのですが、それでもタブレットとしては底知れない機能が備わっています。強みとしても常に最新という肩書きが付いています。

Wi-Fiiモデルは通信面からフルスペックであってほしい願いをストレートに叶えてもらっています。また発売日や名称が少し変わっている場合の機能は各々違うため詮索することが必要な端末です。実際調べてもよく分からないことが多く主観で選んでしまいがちですが、よく調べて慎重に検討するべきでしょう。

デザイン

外観はパッと見ベゼルが少し狭く持ちづらい作りになっていますが、横にするとベゼルは少し大きいのでコントローラーを持つような感じで持ちやすくなります。裏面はやはり横方向にnexusのロゴが彫られています。

もちろん縦方向にもasusのロゴもあるので画面回転しながら使えるようになっているという感じがします。ボタンなどは最小限のインターフェースだけで、横方向にusbやヘッドホン端子があるみたいです。

液晶画面

液晶画面はアメリカのパネルを使っていて耐キズのips液晶です。解像度は申し分ない1929×1200ピクセルで16:9を超えた16:10のワイドスクリーンはnexus7の特徴だと思います。

画面に関しては画質の保証はかなり高いようです。この画面でテレビ視聴ができるとすれば不満もありません。一応保護フィルムを貼っておきたいところですが、nexus7はcpuが熱くなりやすいようなので、熱で溶けないか心配です。

重さ・サイズ・バッテリー

重さはipad miniと同じで300gほどです。500mlペットボトルより軽いので普通に片手で持てます。しかし、普通のスマホに比べやや板状に広いので楽しようとする両手持ちになってしまいます。

肝心なバッテリーですがAndroid端末にしては1日十分に持つ容量です。充電も簡単な仕様です。1日の使い方的には座りながらの操作や机に固定しデジタルサイネージとして使うことが主要素なのでしょうか。

ソフトウェア

OSはAndroid 4.3(jelly bean)と4.4(kitkat)の機能が使えるようでlinuxカーネルは5.0にバージョンアップしても同じみたいなので、最新のOSを使っていることになります。

しかし、機能追加やバージョンアップは手動なので、初期の状態ではやや不備があると思います。また憶測ですがバージョンアップをしてbluetoothの機能が制限されるということが考えられます。そこは消費者側なので妥協が必要なことになります。

メモリ・CPU

CPUはQualcomm snapdragonのs4 proを使っていて、集積回路は1チップに全て統一されているSOCです。動作周波数は1.5Ghzでiphoneとほぼ同じ動作をしますが、通信機能などがやや異なります。

またメモリが低電圧で動作しているので、SOC自体にエラーが起これば誤作動の原因となりうるものです。cpuが何かというよりもメモリが通常版なのかで見ると悩むところです。

価格・コスパ

価格は2万前後なんですが、最近の市場はタブレット2万円というレッテルが貼られかけています。またofficeが付いているものも多く、原価を超える勢いで販売されているのは逆に不安です。

しかしコスパ的には使用目的が制限されてコレクションとしても価値ある端末だと、その中でもnexus 7 2013は手に入れたいタブレットです。しかし、iphoneがあってのnexus 7ということに変わりないようでキャリア端末としてコスパ面での落としどころと見られても仕方ないのでしょう。

Nexus7はこんな人におすすめ

nexus7は申し分ないブランド力があるので、宝石を買うことが好きな人にはかなり向いていると思います。ある意味富裕層向けでは?ととち狂ってしまうほどの存在感で、中間層の人が悩んで買うタブレットではないというか、そういう感じがします。

またキャッシュバックで何となく買うのには適しているのかもしれません。しかし、2万円なのでもう1万円出して他に良いものがないかと探すための天秤としてグラファーがわりにも良いです。

Nexus7 2013の無料キャンペーン情報

Nexus7 2013年モデルを無料で提供しているキャンペーンは、GMOとくとくBB WiMAXが現在実施しています。

こちらはWiMAX2+回線に契約をすることで、ルーターと同時にNexus7 2013年モデルを無料でプレゼントするというものです。Nexus7はルーターと同時発送となります。

Nexus7をフル活用するために、WiMAX2+は性的なネット回線となります。データ通信料の制限がなく、利用エリアも広いからです。

動画などデータ使用量が多い使い方でも、まったく回線のことを気にせず使い放題となります。

もしこれからNexus7を購入される場合、GMOとくとくBBのキャンペーンは有力な選択肢になるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ