ASUS TransBook無料キャンペーン × WiMAX2 / レビュー

ASUS TransBook T100TAMの無料キャンペーン

ASUS TransBook T100TAMの無料キャンペーン – UQ WiMAXオンラインショップ限定で、ASUS TransBook T100TAMの格安プレゼントキャンペーンが実施されています。

WiMAX2+ルーターとASUS TransBook T100TAMをセットで、超低価格での提供となっています。
条件は、WiMAX2+への契約です。(定額、2年間)

詳しくはUQ WiMAXの詳細ページをご覧ください。

ASUS TransBook T100TAMレビュー

ASUS TransBook T100TAM レビュー評価 – asusの製品は信頼性が高く店頭にもよく並べられています。transbookは液晶とキーボードが取り外しできる2in1シリーズです。

他のタブレットと比べキーボードが最初から付いているらしくusb3.0ポートも利用できるというのです。キーボードドック側にusb3.0ポートとhdd 500gbが搭載され普通のパソコンみたいになっている点も魅力だと思います。t100tamはasus製品の中でも欠点の少ないタブレットです。

デザイン

特に目立った箇所もなく普通のタブレットにキーボードという感じです。またマグネシウム合金製のタブレットみたいな材質でそこそこの触り心地ですが劣化しやすいのでそこまで高価なタブレットとは言えません。

しかしボタン配置は入力部と出力部がきちんと分かれているので使いやすくシンプルです。右側にhdmiやusbポートがありデスクなどが部屋の左側にあると電源など取り回しが楽になります。

液晶画面

ipsパネルで見やすいグレア液晶です。解像度1366×768のHDとなっているのでDVDやテレビの視聴に負荷がかかりません。液晶を見続けるのもそんなに目は疲れないのでテレビ専用タブレットにしたりフォトフレームにしても使えるかもしれません。

またキーボードドックに搭載されているhdd容量を使えばdvdを保存?したりできるかもしれません。10インチもあればマルチなパソコンとして幅広く使えるのもtransbookのメリットです。

重さ・サイズ・バッテリー

タブレットにしては少し重く600gで金属らしい金属を持っている感じです。キーボードドックをつければ約2倍ほどの重さになります。しかしノートブックと比べれば遥かに使いやすく軽量でしょう。

サイズは26cm×10cmで大きくもなく小さくもなくという感じですがキーボードがしっくりくるサイズに収まっているのでオフィス用途でも疲れません。バッテリーの持ちは7-9時間ほどです。

ソフトウェア

普通のwindows8.1のbingです。10インチにキーボードやusb3.0もついているのに32bitということは逆に恩恵があるかもしれません。客観的にみてもbingとの相性は良いように思えます。

windowsアプリについての情報はよく分かりませんがmicrosoftが推奨するアプリはほとんど入っているようです。後から拡張もできます。osやアプリについては普通でしょうがコンシューマ向けと法人向けの2種類のタイプが現存しているので多少中身が違うと考えられます。

メモリ・CPU

2gbの定電圧メモリとatomcpuを積んでいます。atomは他のタブレットに比べバースト時の動作が2.39ghzまで上がります。4コアなのでそこそこ快適な動作ですが周波数が高い分デメリットもあるかもしれません。

しかしatomcpuの中では制御が良い方なので別に心配することもないでしょう。逆にasusが作った中では小回りの大きいタブレットという感じがします。

価格・コスパ

店頭価格は5万円前後で仕様からみても比較的損をしない方でしょうか。ipadなどのタブレットと値段がかぶって悩みどころです。しかし使いやすいのはどちらかということはタブレットに求めるものではまだありません。

自分の好きなosを選べばいいしコスパもipadに比べたらキーボードがついていい感じですがやっぱり安定性で比較すると総合評価は下がります。5万円の投資でコスパ的にはあまり良くなくても使用できる期間は結構長めなのでコレクションには良いと思います。

ASUS TransBook T100TAMはこんな人におすすめ

asusを理解している人やプレステなどソニーを好む人には相性が良いです。使えば分かると思いますがvaioやソニーの製品と似ても似つかない動作です。

asusを使ってるという実感を体験したい人は買う価値アリです。またsimカードフリーとは記載してないみたいなので通信方式など制御されている部分が多くさらに検討の必要がある製品なのでプロ向けという括りが合っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ